熊本の相続に関するご相談は行政書士資格を持つ税理士にお任せください!相続税・遺産相続の無料相談実施中
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
 
大きな地図で見る
遺産の分割は遺産分割協議によって決めるのが理想的ですが、
相続人全員が納得するように分けるのは難しいものです。

また、相続人ではない人に財産を渡したいといったケースや、
特定の相続人には財産を渡したくないといったような、法定相続では対応
できないケースなどもあることでしょう。

そうした場合に有効な方法が
遺言書の活用です。
そこで遺言書の種類や書き方などを理解しておきましょう。
《遺言書の見本》
◎3種類の遺言書について(コチラをクリック)
遺言書には大きく3種類の形式があります。
それぞれに良い点と悪い点があります。
しっかりと理解して、思いを残すようにしてください。
◎遺言書の書き方(コチラをクリック)
遺言書は形式や条件が満たされていないと無効になります。
自筆遺言の場合は、予め「書き方」を理解して、
効力をもつものになっているかを確認しましょう。
◎遺言書のメリット(コチラをクリック)
遺言書は被相続人の思いを残すことができる唯一の公的な手段です。
相続人に財産をどのように分けてもらいたいかを具体的に残すことができます。
遺言がないために起こる親族争いは後を絶ちません。
遺言のメリットを紹介します。
◎遺言の保管(コチラをクリック)
遺言書は遺言者が亡くなった後に相続人に存在がわかる方法で保管しなければ
意味がありません。
しかしながら、簡単に見つかって改ざんされてもいけませんので、どのように
保管するかは重要な問題です。
そこで、正しい保管方法を見てみましょう。
 



 ---------------------------------------------------------------------------------------------
熊本相続サポートセンター(三輪税務会計事務所)TEL096-383-3666
http://www.souzoku-ssc.com info@souzoku-ssc.com
当サイト内のあらゆる情報・写真・図表等の無断転載は堅くお断り致します。
熊本相続サポートセンターAll Rights Reserved.since.2011.9.1